栗橋・猿島郡の整体・整骨 あらい整骨院 >  関節痛(肘・膝痛)

関節痛(肘・膝痛)

関節痛栗橋・猿島郡のみなさま、こんにちは!あらい整骨院です。
 
関節痛」と聞くと、皆さまはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
 
関節痛に関しては、「年齢を重ねてからツラくなる」というイメージをお持ちの人が多いようです。
 
確かに、階段の昇り降りや、立ち上がるときに、関節負担がかかって「イテテ」となっているのは、お年寄りが多い印象ですよね。
 
 
関節痛とは
 

  • 膝が痛くて、足の伸び縮みはツラい
  • 肘の伸び縮み時に、肘が痛い

 
が代表的な症状ですね。
 
でも実は、関節痛はお年寄りだけでなく、若い人にも増えてきているんです!
 
 

関節痛が起きる理由

関節痛には、大きくわけて2つの種類があります!その違いを知っておけば、なぜ若い人にも関節痛が増えてきているかわかると思います!
 
 
①軟骨がすり減り、骨と骨がこすれ合う

年齢を重ねると、膝や肘にある「軟骨」がすり減っています。この軟骨は一度すり減ると、また復活するものではありません。
 
この軟骨があるから、骨と骨がこすり合わずに済んでいたのですが。なくなるとこすり合い始めて、痛みが出てきてしまいます。
 
お年寄りに多い関節痛は、これが原因ですね。

 
②筋肉疲労による関節痛

関節を挟む筋肉(膝であれば太腿とふくらはぎ)が疲労すると、その間の関節部分に痛みが出てきます。
 
若いころにスポーツやっていて関節に痛みがでるのは、この筋肉疲労が大きな理由です。
 
また最近では、家事やパソコンなどで腕を使いすぎて、肘に痛みが出る人も多いそうです。

 
 

当院の整体で関節痛解消

さてそんな関節痛を、どうやって解消すれば良いでしょうか?
 
この2つの関節痛は痛みの原因は違いますが、解消法は同じです。
 
脚
筋肉を緩めていけば良いのです。
 
関節を挟む2つの部位の筋肉を、丁寧に緩めていき、筋肉疲労・筋肉の緊張を解消できれば、関節の痛みもなくなっていきます。
 
軟骨がすりへって骨がこすり合ってしまっても、筋肉をゆるめることで、骨同士の接触から離れさせることができます。
 
 
しかし注意が必要なのが、骨のこすり合いが原因の場合は、どうしても再発してしまうということ!軟骨が復活しないからですね。
 
なので定期的に施術を受けていただいた方が良いと思います。
 
関節痛で悩んでいる方は、あらい整骨院へいらしてください!
 

Copyright(c) 2014 栗橋・猿島郡の整体・整骨 あらい整骨院 All Rights Reserved.